2018年12月12日(水)  ◆ インフルワクチン在庫状況 ◆
ワクチン欠品中の為、現在受付中止しております
【在庫状況】12月13日(木) 15:50 時点 
残り 人分 

2018年度も前シーズンに続いてワクチンの供給量が不足しています。
当院においても欠品となるタイミングが発生しておりますので、
ご希望の日に受付することができない可能性があります。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、予めご了承くださいませ。
 
2018年12月05日(水)  ◇◆ 年末年始のご案内 ◆◇
【年末年始休暇】12月27日(木)PM 〜 1月4日(金)
本年は上記のとおり8日間のお正月休みを頂戴いたします。
年明けは 1月5日(土)より新年の診療を開始いたします が、
数日間は例年非常に混雑いたしますので、何卒ご了承下さいませ。
 
2018年12月03日(月) ◆ 12月 休診予定のご案内 ◆ 
今月は 火、金 、祝日(24日) にお休みを頂きます。
また別途ご案内のとおり年末年始のお休みも予定していますので
今月はある程度のお待ち時間が発生している状況となります。
大変ご迷惑をおかけしますが、ご来院の際は時間に余裕をもって
お越し頂きますよう宜しくお願いいたします。
 
2018年10月01日(月) ◆ インフルエンザ予防接種のご案内 ◆ 
ご予約は不要ですので、ご希望の方は当日受付までお申し出ください。
予診票については事前にお渡しすることができます。
 接種費用  : 65歳以上高齢者(横浜市) : 2,300円 (12月末迄)
              上記以外の任意接種  : 3,500円 
  中学生以下のお子様については当院では接種対象外となります
 ★ 通常の診療と同様に受付順でのご案内となりますので、混雑時には
   お待ち時間がかなり長くなってしまうことがあります
 ★ ご予約制ではないため、ワクチン在庫状況により当日の接種受付が
できない可能性があります
ので予めご了承ください

 
2018年09月22日(土)  ◆ プラセンタ注射を再開いたします ◆
8月末より受付中止しておりましたプラセンタ注射につきまして
9月22日(土)よりご案内が可能となりましたのでお知らせします。
ご希望の方は受付の際にお申し出くださいませ。
 
2018年07月01日(日)  ◆ 肺炎球菌ワクチン定期接種について ◆
今年度の成人用肺炎球菌ワクチン定期接種の対象となる方には、
横浜市から予診票等の案内が郵送されています。
当院での接種を希望される場合は、体調の良い日に予診票ご記入の上
ご来院くださいませ。※事前予約は不要です
● 接種開始日 : 7月1日(日 より 
● 接種対象者 : 65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳 ・・の方
● 接種費用   : 自己負担 3,000円
 上記の対象にならない方は、任意接種(8,000円)となります
 肺炎球菌ワクチンは接種後5年間は追加接種することができません

 
2018年04月11日(水) ◆● 開院6周年を迎えました ●◆
2012年4月11日の開業時より 皆さまの温かいご支援をいただき
本日無事に開院6周年の日を迎えることが出来ました。
クリニックとして地域の皆さまの日々の健康をサポートをさせて
頂けることに心より感謝をいたしますと共に、これからも皆さまの
そばでしっかりと前を向いて歩んでゆきたいと思います。
「地域のかかりつけクリニック」という開院時の目標を忘れず
職員一同頑張って参りますので これからも宜しくお願い致します。

 
2018年02月13日(火)  ◆ 花粉症の季節です ◆
今年も花粉の飛散が始まりました!
マスクや各種花粉対策グッズ等と併せて、早めの対策を行いましょう。
当院では各種抗ヒスタミン剤や眠くなりにくいお薬、点眼薬や点鼻薬も
院内処方にてご用意しております。どうぞお気軽にご相談下さい。
 
2018年02月03日(土) ◆ インフルエンザワクチン終了しました ◆
2018年1月末をもちまして今期のインフルエンザワクチン接種は
終了させていただきましたのでご了承ください。
 
2018年01月25日(木) ◆ インフルエンザ流行警報発令中!◆
横浜市内にインフルエンザ流行警報が発令されました。
例年になくB型の流行が多数を占める状況となっております。
基本的な症状は急激な高熱や頭痛、節々の痛みなどが現れますが、
特にB型は37度台の発熱であっても陽性となる方がいらっしゃいます。
今後の感染拡大防止の為、ご来院の際にはマスクの着用について
ご協力くださいませ。
 
2016年09月29日(木) ◆ 当院案内看板の撤去について ◆
開院時より 当院前の道路を挟んだ場所に青い縦型の案内看板を設置し
案内時の目印とさせて頂いておりましたが、設置場所の土地所有者が
変更されたことに伴いまして、すべて撤去されることとなりました。
環状2号側からお越しの際には、右折場所がわかり辛くなっております
ので、特にお車での来院時はご注意下さいますようお願いいたします。

 
2014年05月12日(月) ◆ ピロリ菌除菌と内視鏡検査予約のご案内 ◆
≪保険適用でのピロリ菌の除菌≫
胃がん予防に重要とされるピロリ菌の除菌療法ですが、健康保険で治療を行う場合は以下2点が必須条件となりますので、予めご了承下さいませ。 
    1.ピロリ菌への感染が確認されていること(胃カメラ時に検査可)
    2.内視鏡検査(胃カメラ)にて胃炎等の所見が認められること

≪内視鏡検査のご予約について≫
検査予約に際しては事前に一度ご来院をお願いします。(症状確認、感染症検査(採血)、検査内容のご説明、検査日予約を行います)。 検査内容や除菌の疑問点などについても、お気軽にご相談ください。
   ● 内視鏡検査実施日(上部、経鼻) : 平日、土曜、日曜 の午前 
       ※  予約状況によりお受けできない日程についてはご容赦ください
 
2013年10月24日(木)

◆ 肺炎球菌ワクチン接種のご案内 ◆

肺炎は日本の死亡原因の第3位に挙げられる疾患ですが、特に年齢に比例してリスクが高くなります。罹患した場合の重症化を防ぐため、当院では65歳以上の方にはインフルエンザ予防接種と併せて 肺炎球菌ワクチン接種をご案内しております。(肺炎球菌ワクチンは一度の接種で 5年間 効果が持続します)
※ 事前に予診票をお渡しできますので受付スタッフまでお申し出ください。
◆ 肺炎球菌ワクチン費用 :  8,000円
(インフルエンザ予防接種も希望される場合、まずインフルエンザの接種を行い、一週間以上後に肺炎球菌ワクチン接種となります)
 
2013年10月23日(水) ◆ 巻き爪治療(ワイヤー法)について ◆

巻き爪の痛みについては、ワイヤーを設置して矯正する治療を行っています。
爪を短く切った状態では設置することができませんので、ご希望の方は爪をある程度伸ばした状態でお越し頂きますようお願いいたします。
また、ワイヤー法には多少お時間を頂戴しますので、なるべく午後の時間帯の来院をご検討くださいませ。

 
2013年07月20日(土) ◆おでき(粉瘤や脂肪腫など)の摘出について◆
薄着の季節になり、背中や腕などの「おでき」(粉瘤や脂肪腫など)についてのご相談が増えてまいりました。
急性の炎症の場合には、まず抗生剤の投与などの治療を行いますが、症状とご希望によって摘出術を行うことも可能です。
定期的に痛みが出るなど長年お悩みの方も多い症状ですので、まずはどのような処置が可能となるなのか、お気軽にご相談ください。
 ※摘出術は多少お時間を要しますので、可能であれば午後の来院をお願いしております。
 
2012年11月22日(木)

◆ 中学生以下のお子様の診療について ◆

中学生以下のお子さまについては ● 皮膚科 ● 整形外科 のみの診療となります。 小児科の診療(風邪などの内科的な領域の疾病、インフルエンザ予防接種など) については基本的に行うことができませんので、あらかじめご了承いただきますよう宜しくお願いいたします。

 
2012年10月20日(土)

◆ 胃がんリスク検診(ABC検診)のご案内 ◆

胃がんの早期発見や、胃がん発生における非常に大きな要因となっているピロリ菌除菌のきっかけとして頂けるよう、「ABC検診」を導入することにいたしました。 この検査は、簡単な血液検査によって胃の状況(ピロリ菌の有無・萎縮性胃炎のペプシゲン濃度)を調べることにより、ご自身が胃がん等の病気になりやすいかどうかのリスク(A〜D)を判断できる新しい検診です。(リスク高と判断された場合には保険診療にて精密検査を受けていただくことになります)
検診実施にあたっての食事制限などはございませんので、ご希望の方は来院の上スタッフまでお申し出ください。
検診費用 : 5,500円
■ 胃痛などの症状がある方、上部消化器の治療中の方、ピロリ菌除菌経験のある方等は、この検査の対象外となります
■ リスクB〜Dとなった方の精密検査(胃カメラ)は保険診療となりますが、ピロリ菌除菌治療は精密査の結果によって保険診療になる場合と自費になる場合がありますので、あらかじめご了承ください
 
2012年09月01日(土) ◆ タウンニュースに掲載いただきました ◆
新聞折り込み情報紙のタウンニュース(8/30版)に当院を掲載いただきました。

ぜひご覧ください (注:院長の顔写真はございません・・)
http://www.townnews.co.jp/0115/2012/08/30/155783.html
 
2012年07月05日(木) ◆ いぼの治療に液体窒素を導入しました ◆
大きなできものやイボの場合には摘出術を行ってまいりましたが、比較的小さなイボの場合には液体窒素での治療ができるようになりました。
これは超低温の液体で異常組織を壊死させ、正常な皮膚組織に置き換えていく治療方法です。 低温やけどの状態を作るために多少の痛みを伴いますが、現在小さなお子さまが多数治療されておりますので、気になるイボがある方は一度ご相談くださいませ。
1週間に1度、平均的には4〜5回の治療で完了となります。
 
2012年05月27日(日) ◆ 当院は患者さまに優しい「院内処方」です ◆
当院は院内でお薬をお渡しする「院内処方」を行っています。
現在、ほとんどの医療機関で院外処方(調剤薬局に処方箋を持参)が行われるようになりましたが、別途調剤薬局に行かなければならないことは、体調の悪い患者さまには負担が大きいと考えました。
診療後、お会計までの間にお薬を準備しますので若干お時間をちょうだいしますが、診察と投薬の両方について院内で完了することができます。
また、院内処方のメリットは、患者さまの負担額が軽減される(薬局の手数料が不要になる)ことにもあります。 継続的に通院・投薬を受けている慢性の患者さまなどは、特に大きな違いとなってきますので、一度比較してみてはいかがでしょうか
 
2012年05月27日(日) ◆ 土曜、日曜の診察について ◆
当院では土曜日の午前・午後診療、日曜日の午前診療もおこなっております。
平日の受診が難しい方は ぜひご利用ください。
<土曜診察> 受付時間 / 午前9:00〜12:00、午後15:00〜18:00
<日曜診察> 受付時間 / 午前9:00〜12:00 
☆ 日曜の午後は、完全予約制での大腸内視鏡検査のみとなります
 
2012年04月23日(月) ◆ 内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)について ◆
当院では上部内視鏡、経鼻内視鏡、大腸内視鏡の検査を行っています。
上部内視鏡(口からの胃カメラ)は今現在で最も細いものを使用していますが、 特に今まで胃カメラが苦手で、検査を受けること自体をためらっている方には、 ぼんやりとしている間に検査を行うことのできるお薬もご用意しております。
 ※ このお薬を使用した場合は、検査終了後に1時間程度院内でお休み頂きます。 当日は車や自転車の運転は非常に危険ですのでご遠慮ください。
口からの胃カメラ以外に、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)もご用意しています。
経鼻内視鏡は、検査中に画像を確認していただいたり、会話することもできるなど 非常に負担の軽いものとなりますので、ご希望の方はお申し出ください。
※ 鼻炎の方や小柄な方(鼻腔の狭い方)は使用できないことがありますので よろしくご了解くださいませ。

◆ 内視鏡検査は、事前の診察が必要です。 事前に一度ご来院いただき、検査日の予約についてご相談ください。
   
 
2012年04月11日(水) 新規開院のお知らせ
4月11日(水) 新規開院いたしました。

地域のみなさまのかかりつけクリニックとして
スタッフ一同がんばっていきたいと思いますので、
末永くよろしくお願いします。